FC2ブログ

タイトル画像

◆「100年の谺(こだま) 大逆事件は生きている」上映会◆

2013.07.05(20:08) 870

 ◆「100年の谺(こだま) 大逆事件は生きている」上映会◆
 1911年に幸徳秋水ら社会主義者、無政府主義者12人が死刑執行された大逆事件。明治天皇を暗殺しようとしたとして政府によってデッテ上げられた歴史の一コマですが、いまだ再審の扉も開かない日本社会の閉鎖性を物語っています。事実はどうだったのか、90分にまとめられた2012年のこのドキュメンタリー映画(田中啓監督)は各地で上映され、今の時代を考えさせる佳品として高い評価を受けています。
 映画を制作した千原卓司さん(70)が小倉出身ということもあり、福岡県行橋市と北九州市小倉南区で7月に上映会を開くことになりました。千原さんは「100年前に何があったか。国家と人権、国家と私たちの問題を考えてほしい」と話し、多くの方の入場を願っています。
 《行橋》7月6日(土)午後2時、コスメイト行橋文化ホール(行橋市中央1)。一般1000円▽学生以下無料。「堺利彦ら三人顕彰会」事務局長、小正路淑泰さんのお話あり。
 《小倉》7月21日(日)午後2時半、小倉南生涯学習センター6階大ホール(小倉南区若園5)。一般1000円▽大高生500円▽中学生以下無料。千原さんのお話あり。
 問い合わせは「100年の谺」上映実行委員会の木村さん(090・8912・9271)、伊藤さん(090・1195・6789)。【林田英明】
スポンサーサイト





修の呟き


<<☆原発とめよう!九電本店前ひろば第808日目報告☆ | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第807日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/870-f1417373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)