修の呟き

<OECD/SERENA Project Report 2014報告>

【報告】第2257日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
<OECD/SERENA Project Report 2014報告>

2014年にOECDのNEA(原子力エネルギー機関)のCSNI(原子力施設安全委員会)
よりOECD/SERENA Project2のまとめが報告されています。
https://www.oecd-nea.org/nsd/docs/2014/csni-r2014-15.pdf
OECD/SERENA Project1では、水蒸気爆発実験とその結果を使用したコンピュータ
シミュレーションプログラムの開発が行われましたが、まだまだ不完全な状態だ
ったので、KROTOSとTROIの試験装置を使用して、同じ実験条件で6件の実験が行
われました。そして、その実験条件を使用して、各国でコンピュータシミュレー
ションプログラムの改良が行われました。

 これまで行われてきた、融点の低いAl2O3(アルミナ)やZrO2(ジルコニア)
の水蒸気爆発力に比べて、融点の高いUO2(酸化ウラン)を含むコリウムの水蒸
気爆発力は弱くはなっています。

 その原因については「•材料特性としての溶融密度は、一部のアナリス
トによって、爆発エネルギーに及ぼす材料効果を説明する重要なパラメータであ
ると考えられています。プロトタイプのコア溶融物の溶融密度が高いことにより、
より小さな液滴が得られ、したがってより速い凝固およびより高いボイド形成が
もたらされる。これは、プロトタイプの溶融物による爆発のより低いエネルギー
を説明するかもしれない。」と説明されているように、UO2(酸化ウラン)を含
むコリウムの比重がAl2O3(アルミナ)やZrO2(ジルコニア)よりも大きい事が
原因と推定されています。

 それから、水蒸気爆発の発生時は、水中の模擬デブリ粒付近には、ボイド(水
蒸気泡)が大量に発生し、この(水蒸気泡)が水蒸気爆発時の衝撃波の伝播を阻
害する事と、(水蒸気泡)が水蒸気爆発の爆発力のクッション(衝撃吸収材)に
なり、水蒸気爆発力を緩和する事が分かってきたようです。

 そして、OECD/SERENA Project2では、コンピュータシミュレーションプログラ
ムに(水蒸気泡の要因が取り入れられたようです。

 それでも、悪い条件が重なると、TROIの実験では、UO2 81%, ZrO2 19%で20MPa
(200気圧)、KROTOSの実験ではUO2 80%, ZrO2 20%で44.7 MPa(447気圧)が測
定されています。

 玄海原発3、4号機にメルトダウンが発生し、大水蒸気爆発が起きると、格納容
器が持ちこたえるとは思われません。大水蒸気爆発で発生した(日本原子力研究
開発機構大洗研究開発センターの室内で舞い散ったような)プルトニウムも含む
何トンものデブリダストは北部九州中に舞い散るのではないかと心配になりまし
た。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/24(土) 14:50:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<*東電新会長「原子力は必要、柏崎刈羽原発を再稼働」 | ホーム | 2017年6月23日(金)地震と原発事故情報- 4つの情報をお知らせします>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8857-608074b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9415)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる