FC2ブログ

タイトル画像

社説[原発再稼働申請]フクシマ前に戻すのか(沖縄タイムス9日)

2013.07.12(20:10) 888

<おすすめ記事情報>
社説[原発再稼働申請]フクシマ前に戻すのか(沖縄タイムス9日)
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-07-09_51469
*事故は収束せず、15万人の人たちがふるさとに帰ることができないままの生活を
強いられている。原発の新規制基準が施行された8日、4電力会社が再稼働を求め、
原子力規制委員会に安全審査を申請した。
 新規制基準は、重大事故対策、設計基準、地震・津波対策の三つに大別される。こ
れまで電力会社の自主性に任せていた取り組みを初めて法的に義務付けたのが特徴
だ。
 ただ、今回申請された原発ではフィルター付きベントの設置が5年間猶予されてい
る。中央制御室の代替施設となる緊急時制御室も同じだ。事故時の拠点となる緊急時
対策所は伊方を除き、暫定的な施設で済ませている。地震大国の日本で、誰が今後5
年間は事故がないと保証できるのだろうか。経済性だけを最優先し、なし崩し的な再
稼働は許されない。
*信じられないのは、福島第1原発事故の当事者である東電の振る舞いである。福島
第1原発事故はいつ収束するのか見通せない。メルトダウンした原子炉がどうなって
いるのか、誰もわからない。汚染水、除染、補償問題など何一つ解決していない。事
故は進行中なのである。安全確認されても再稼働は地元の同意が大前提であるにもか
かわらず、東電は地元への説明を後回しにするあべこべの手順で進めようとした。
 「安全とお金のどちらが大事なのか」。泉田裕彦新潟県知事が広瀬社長に詰め寄っ
たのは当然だ。東電は事故から何を学んだのだろうか。
*安倍晋三首相は「規制委が安全と判断したものについては再稼働していきたい」と
推進の姿勢だ。首相は成長戦略として原発輸出のトップセールスに飛び回っている。
自民党はエネルギーと原発の将来像を示していないが、首相の言葉が再稼働に前のめ
りの電力会社を後押ししている。
 規制委の責任は重大である。政府から独立した組織として透明性ある審査がなされ
なければ、存在意義に関わることを忘れてはならない。再稼働ありき、ではいけな
い。
スポンサーサイト





修の呟き


<<「日本国憲法を改悪する人に、私の一票は預けません」 | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第814日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/888-b179f489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)