修の呟き

漱石から考える憲法9条

【報告】第2260日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 鈴木彰 さんから:
漱石から考える憲法9条

 東京都議会議員選挙が最終盤に入っています。
 先日「共謀罪」法の強行成立に加担した自・公勢力を増長させてはな
らないという思いから、私は北多摩3区で井樋まさとし候補の必勝を期
して、ささやかながら奮闘中です。小選挙区制を利用して議会制民主主
義を破壊する暴走勢力には、この都議選を緒戦として、今後、多数議席
を与えてはならない、二度と強行採決のできない規模に抑え込まなけれ
ばならないと思うからです。
 こんな思いで、たたかいの日々の展開に眼を奪われがちな私のもとに
地域の先輩、荒井秀男さん(下石原)から、毎日新聞の6月16日「ワ
イド特集」の切り抜きが届きました。「軍事国家憂え 言葉で闘った小
説家 漱石から考える憲法9条」と題して「9条の会」事務局長の小森
陽一さんが語る特集です。
 100年前の漱石の生きざまに「大日本帝国」とのたたかいを読み取
って「これを継ぎたい」という小森さんの「長期戦・持久戦」を辞さな
い大きな視点を読み、少し癒されました。ワード文書↓にして、みなさん
にもお裾分けします。
20170616毎日新聞「漱石から考える憲法9条」
http://tinyurl.com/y9mswpkn
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8938-5a2d1616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad