修の呟き

前川喜平氏が自ら示した「個人の尊厳、国民主権」~記者会見をみて

【報告】第2260日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 佐々木有美 さんから:
以下は、レイバーネット日本に掲載されている記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前川喜平氏が自ら示した「個人の尊厳、国民主権」~記者会見をみて

 元国労組合員の久下格です。IWJが流してくれた6月23日の前川前文科省
次官の記者会 見を見て、Facebook で公開した感想です。
------------------
●個人の尊厳、国民主権●
 6月23日(2017/06/23)の前川喜平氏の会見はたくさんの人々に感銘をあたえ、
ネット 上でも様々な媒体が意見を表明しています。私にも触れたい点、書きた
い点がたくさんあ るのですが、ここでは前川氏が記者クラブの求めに応じて書
いた「個人の尊厳、国民主権 」という言葉について書きたいと思います。
 「個人の尊厳」という言葉も「国民主権」という言葉も中学校で習ったように
思います 。全ての個人がお互いを人間として尊重する「個人の尊厳」。「平和
主義」「基本的人権 の尊重」とともに日本国憲法の三大原則の一つである「国
民主権」。何となく皆が、戦後 日本ではあたりまえだと思っている原理、何も
しなくても、空気のように私たちの社会を 規定し続ける原則だと、大半の人々
が思っている原理です。しかし、実際にはそうではな い。この二つの原則を、
建前ではなく本当の意味で社会を律する原理として確立するため
には、国民(普段私は使わないのですが、ここではあえて「国民」)には不断の
努力が、あるときには自分自身の人生を賭けた行動すら必要となる。そのことを
前川氏は自らの行いによって私たちに示したと思うのです。

全文→http://www.labornetjp.org/news/2017/0625kuge
スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 17:49:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話題のラップ、「キョウボウザイ」by SKY-HI、です | ホーム | 漱石から考える憲法9条>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8939-8e549d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9369)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる