修の呟き

【報告】第2260日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信です。6月 27日(火)。 【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2260目報告☆
呼びかけ人賛同者6月26日迄合計4347名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん
お疲れさまです。
音楽家 林 光 の音楽を聴きにいきました。
ピアノ 河合拓始さん 歌 れいらさん
すばらしい音楽でした。 平和を愛した林 光の素晴らしさが
よく判りました。
あんくるトム工房
九電本店前テント http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4394
林 光の音楽   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4395


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
☆「原発を並べて自衛戦争はできない!」の小倉氏立宣「赤旗」の欄に
         (左門 2017・6・27-1796)
 ※小倉志郎さんの、パンフと著書の「ことは何回か、ここで取上げました
 が、今回は「しんぶん赤旗」の「ひと欄」に写真入りで報道されました。《
 「電車に変なおじいさんがいたよ」でもいいから、「脱原発」を考えるきっ
 かけにしてもらえれば」と。《資源の少ない日本にとっては「救世主」だと
 原発技術者として働いた事への「贖罪」の思いを込め」て立ち続ける。


★ 福岡の福島久子 さんから:
☆「教育費をタダ」で恩着せ徴兵か
 ☆「教育費がタダ」なら安倍の息かかる
 ※公明党と共産党が「教育費無償」を提唱したのは、
 自分の所が先だと争っていますが、
 安倍首相はその争いを高笑いして見ていると思います。
 私は、安倍内閣での無償化には恐怖感があります。


★ 生命・脱核シルクロード巡礼行進のご報告

※吉田恵子さんから:。

「核兵器は、人類を滅亡させ、
原発や核廃棄物は、未来世代まで
犠牲を強要し、人類自ら良心の破壊と
自己否定を招いている。」という訴えを
しながら、韓国、日本からローマまで歩く
季先生の、全世界の人々及びその子孫の
生命の尊厳を守ろうとするお心に
深く感動し、力をいただきました。

23日(金)8:00浜崎駅出発。
唐津からも4名参加。福岡の野上さん、
山口の原恒徳さん共々、7名で行進。

11時、玄海原発反対からつ事務所で
11名で昼食交流会。佐賀新聞記者の方も取材。

午後は4名で山本駅まで行進。
17時宿泊先の田口常幸さん宅へ。
参加者皆、参加してよかったと言って
おられました。

※下関 鍬野保雄さんから:
日本での最終地長崎でのスケジュールが決まりましたのでお知らせします。
よろしければぜひご一緒に全コースを行く李元栄さんを次の旅程へ歓送しましょ
う。

6月29日(木)
10:00 長崎駅 集結及び準備
10:15 出発
11:15 長崎平和公園 到着
11:30 慰霊の時間(30分)
12:00 昼食
12:45 親交の時間(シルクロード言葉など)
14:00 終わり(その後、巡礼団は仏教訪問)

http://cafe.daum.net/earthlifesilkroad/hWYm/79

6月25日の報告(伊万里駅~波佐見役場)
http://ameblo.jp/yksalan/entry-12287052460.html


★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1807日後
テント日誌 6月21日(水)~6月24日(土)
内容全体⇒http://tinyurl.com/ycsq476c


★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全体⇒http://tinyurl.com/y6wb4knv
【TMM:No3111】
2017年6月26日(月)地震と原発事故情報-
                  4つの情報をお知らせします
1.崎山意見書を批判した福島原発事故損害賠償訴訟国側証人意見書
   (17名連名)は「あまりに内容がないので驚いた」そうです。
   6月22日スペースたんぽぽ、「放射線のホントのこと」DVD上映学習会
   (講師:崎山比早子さん)に参加して
     冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)
2.豪華論客 揃い踏み、 「安倍やめろ!」の白熱集会 (6月21日)
安倍晋三・昭恵夫妻に焦点を当てたモリ・カケ刑事告発
  参加者からの怒りの掛け声。会場はエネルギーに満ちていた
    奥内 知子(たんぽぽ舎ボランティア)
3.原発いらない! 全国から最前線の声を集めた脱原発マガジン(季刊)
  「NONUKES  VOICE」首都圏「読者会」を開催します。
   7月12日(水)18時~20時
6月15日発売VOICE12号は泉田前新潟知事インタビュー、
  佐藤元福島知事との対談も収録
    沼倉潤(再稼働阻止全国ネットワーク)
4.新聞より
  ◆被ばく事故で施設2回目立ち入り 規制委、茨城・大洗センター
  (6月23日東京新聞 11時05分配信)


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*原発閉鎖求め、ベルギーで5万人超が「人間の鎖」
TBS系(JNN) 6/26(月) 13:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170626-00000087-jnn-int

*原子力機構、核容器4500個不適切保管の実態
東洋経済オンライン  6/26(月) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00177737-toyo-bus_all

*「凍土壁」完成へ凍結申請=福島第1、汚染水対策―東電
時事通信 6/26(月) 19:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000109-jij-soci

*<タカタ破綻>リコール8年半、なお途上
毎日新聞 6/26(月) 11:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000032-mai-bus_all

*タカタ、1兆円超破綻 再生法申請 製造業で戦後最大
東京新聞 2017年6月26日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201706/CK2017062602000238.html

*日米地位協定 6党の都組織が「改定を」 本紙調査
東京新聞 2017年6月26日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201706/CK2017062602000123.html

*静岡県知事選 浜岡原発は重い宿題だ
東京新聞 【社説】 2017年6月26日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017062602000143.html

*「このハゲーー!!」絶叫・豊田真由子議員のもうひとつの「評判」
 地元秘書は「手書きの名刺」って本当…!?
現代ビジネス 6/23(金) 19:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170623-00052111-gendaibiz-pol


★ 中西正之 さんから:
<加圧水型原発のキャビティは水蒸気爆発に耐えきるのか>

加圧水型原発を保有する電力会社と原子力規制委員会は「審査過程におけるその
他の確認事項、実機においては、水蒸気爆発の発生の可能性は極めて低いとする
根拠を示した。規制委員会は、これにより、PCCV(プレストレスト・コンクリー
ト格納容器)においても、原子炉容器外のFCIで生じる事象として、水蒸気爆発
は除外し圧力スパイクを考慮すべきであることを確認した。」との見解をあくま
で固守しています。

そして、加圧水型原発にメルトダウンが発生し、満水されたキャビティ(原子炉
圧力容器下部空洞)に2600℃にもなった100トンものデブリが落下しても、
水蒸気爆発は絶対に起こらないので、万一水蒸気爆発が起きた場合、キャビティ
及び格納容器が破裂するかどうかは、検討する必要が無いと繰り返し説明してい
ます。

 しかし、この見解は、2014年にOECD(経済協力開発機構)のNEA(原子力エネル
ギー機関)のCSNI(原子力施設安全委員会)よりの、OECD/SERENA Project2のま
とめが報告の見解とは全く違います。
 加圧水型原発を保有する電力会社(関西電力、九州電力、四国電力、北海道電
力)は自社の原発のキャビティの構造図面をひた隠しにしています。
インターネットでPCCV型原発のキャビティの簡単な構造図をやっと発見しました。
https://www.nsr.go.jp/data/000114707.pdf

2ページと8ページに簡単な図面が掲載されています。
同じ加圧水型原発でも、川内原発1、2号機、高浜原発3、4号機、伊方原発3
号機は、キャビティのコンクリート構造が弱いので、キャビティ内で大水蒸気爆
発が起きたら、キャビティ内側壁や天井は吹き飛んでしまうように思われます。

 しかし、PCCV型原発の玄海原発3、4号機と大飯原発の3.4号機のキャビテ
ィは側壁と床は厚いコンクリートでおおわれています。しかし、キャビティ天井
は3~4m厚みほどのコクリートのようですし、一部だけに狭い出入口用トンネ
ルが有るようです。

一般に、原子爆弾でも、水素爆発でも、水蒸気爆発でも、極めて短い時間に、爆
発のエネルギーとなる連鎖反応が起こりますが、廻りを強固な壁で閉じ込めてお
かないと、連鎖反応が十分に起こらないうちに、反応物が飛び散ってしまい、強
力な爆発は起こりにくく成ります。

加圧水型原発のキャビティは容積が小さく、中の水が満水となり、メルトダウン
が起きて中で大水蒸気爆発が起きると、TROI実験のような開口部の広い水槽での
実験結果よりも、KROTOS実験のような開口部の狭い水槽での実験結果に近く成る
ように思われます。

TROIの実験では、UO2 81%、ZrO2 19%で20MPa(200気圧)、KROTOSの実験ではUO2
80%、ZrO2 20%で44.7 MPa(447気圧)が測定されています。
海外の見解を全く無視して良いものでしょうか。


★ 田中一郎 さんから:
※名ばかり「個人情報保護法」の実態は、他人様のプライバシーを自分の商売に
無断で得手勝手に使うことを奨励促進する「個人情報ビジネス濫用促進法」ない
しは「個人情報保護からビジネスを守る法律」だ & 共謀罪法続報 いちろうち
ゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-1177.html


★ 鈴木彰 さんから:
漱石から考える憲法9条

 東京都議会議員選挙が最終盤に入っています。
 先日「共謀罪」法の強行成立に加担した自・公勢力を増長させてはな
らないという思いから、私は北多摩3区で井樋まさとし候補の必勝を期
して、ささやかながら奮闘中です。小選挙区制を利用して議会制民主主
義を破壊する暴走勢力には、この都議選を緒戦として、今後、多数議席
を与えてはならない、二度と強行採決のできない規模に抑え込まなけれ
ばならないと思うからです。
 こんな思いで、たたかいの日々の展開に眼を奪われがちな私のもとに
地域の先輩、荒井秀男さん(下石原)から、毎日新聞の6月16日「ワ
イド特集」の切り抜きが届きました。「軍事国家憂え 言葉で闘った小
説家 漱石から考える憲法9条」と題して「9条の会」事務局長の小森
陽一さんが語る特集です。
 100年前の漱石の生きざまに「大日本帝国」とのたたかいを読み取
って「これを継ぎたい」という小森さんの「長期戦・持久戦」を辞さな
い大きな視点を読み、少し癒されました。ワード文書↓にして、みなさん
にもお裾分けします。
20170616毎日新聞「漱石から考える憲法9条」
http://tinyurl.com/y9mswpkn


★ 佐々木有美 さんから:
以下は、レイバーネット日本に掲載されている記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
前川喜平氏が自ら示した「個人の尊厳、国民主権」~記者会見をみて

 元国労組合員の久下格です。IWJが流してくれた6月23日の前川前文科省
次官の記者会 見を見て、Facebook で公開した感想です。
------------------
●個人の尊厳、国民主権●
 6月23日(2017/06/23)の前川喜平氏の会見はたくさんの人々に感銘をあたえ、
ネット 上でも様々な媒体が意見を表明しています。私にも触れたい点、書きた
い点がたくさんあ るのですが、ここでは前川氏が記者クラブの求めに応じて書
いた「個人の尊厳、国民主権 」という言葉について書きたいと思います。
 「個人の尊厳」という言葉も「国民主権」という言葉も中学校で習ったように
思います 。全ての個人がお互いを人間として尊重する「個人の尊厳」。「平和
主義」「基本的人権 の尊重」とともに日本国憲法の三大原則の一つである「国
民主権」。何となく皆が、戦後 日本ではあたりまえだと思っている原理、何も
しなくても、空気のように私たちの社会を 規定し続ける原則だと、大半の人々
が思っている原理です。しかし、実際にはそうではな い。この二つの原則を、
建前ではなく本当の意味で社会を律する原理として確立するため
には、国民(普段私は使わないのですが、ここではあえて「国民」)には不断の
努力が、あるときには自分自身の人生を賭けた行動すら必要となる。そのことを
前川氏は自らの行いによって私たちに示したと思うのです。

全文→http://www.labornetjp.org/news/2017/0625kuge


★ 前田 朗 さんから:
話題のラップ、「キョウボウザイ」by SKY-HI、です。
https://www.youtube.com/watch?v=oI4HFuBClnM&feature=youtu.be


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団● 
URL:http://no-genpatsu.main.jp/

≪本裁判≫佐賀地方裁判所にて。
第22回期日 6月30日(金)14:00~。

≪仮処分審尋≫佐賀地方裁判所にて。
第3回6月30日(金)14:45~ 
※非公開です。債権者の方しか傍聴できません。

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」 ● 
「憲法について語りあおう」
第14回目: 7月13日(木曜日)18:30~
・発題者:出水薫(九州大学大学院法学研究院)
・テーマ: 「三つの「ポスト」状況と日本国憲法(2)
  -ポスト覇権循環と日本国憲法
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

案内チラシ http://tinyurl.com/y87tc49q

第15回目: 8月28日(月)18:30~
・発題者:横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
・テーマ: 大日本帝国憲法

第16回目: 9月22日(金)18:30~
・発題者: 石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
・テーマ: 改憲勢力をめぐる政治状況 パートⅡ

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●川内原発を止める!・川内原発行政訴訟●
新規制基準のもと、設置変更許可処分に対する初めての取消訴訟
第五回8月23日(水)11:00 福岡地裁301号大法廷
案内チラシ http://tinyurl.com/ycwre5jz

脱原発弁護団全国連絡会のサイトの訴訟一覧 44番目に掲載。
http://www.datsugenpatsu.org/bengodan/list/

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info@npg.boo.jp まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

○-----------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆          
 午前10時から午後3時。(水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
  場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
    地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
 <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************

スポンサーサイト
  1. 2017/06/27(火) 18:11:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<▽NHK:ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象 | ホーム | *「このハゲーー!!」絶叫・豊田真由子議員のもうひとつの「評判」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/8947-a8ebce0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8311)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる