FC2ブログ

タイトル画像

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第828日目報告☆

2013.07.26(19:53) 910

青柳行信です。 7月26日。

明日、「さよなら原発!11・10九州集会」(仮称)
    第3回実行委員会準備会
日 時:7月27日(土)14時より 
場 所:カテドラル・センター 4F
    福岡市中央区大名2-7-7 (西鉄グランドホテル前)
   地図はこちら →http://tinyurl.com/ngbbyoq

「きみへ」 さよなら原発! 
http://twitsound.jp/musics/tsMDocgv4

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第828日目報告☆
呼びかけ人賛同者7月25日2908名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さん
朝、早くからお疲れさまでした。
やはり、テントが立っていると 元気が出ます。
これからが 闘いです。
あんくるトム工房
平和の歩み 九電前に立ち寄る  
http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2542
東電 知っていた     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2541

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆糸数氏「平和の議席」と宣言す暗闇に咲く月桃の花(左門 7・26-364)
※原発推進・9条改悪・TPP加入・消費税アップの野合勢力に競り勝った結果を
「平和の議席」と高らかに宣言しました。
梅雨が明けたのに、政治気候は台風の連続です。
しかし、この「月桃の花」は平和の楔として・希望として
咲き・香りつづけるでしょう。連帯して!

★ 小野進一 さんから:
昨日は猛暑の中、横田様、井出様、久保君、「きみへ」の作曲者の御令嬢に会え
まして、
美味い缶ビ―ルも飲めて良い1日を過ごせました。
しかし、テントは気をつけないと熱中症で倒れます。
青柳さん一人では困難なめんがあります。
時間の許される方は、ひと月に一回でも良いのでテントの手助けをして、
青柳さんを涼しい地下道にでも散歩にやらせましょう。

★ 大分の島田雅美
<青柳行信さんへ>
ものすごい猛暑ですが、毎日本当にお疲れ様です。メールをいつもありがとうご
ざいます。
なかなか私の方は返信できずに、申し訳ありません。

ずいぶん前の御礼になりますが、7月8日はお世話になりました。
暑い中ありがとうございました。歌野さんとお友達のトラクターデモには感動し
ました。
ご自分のスタイル、ご自分のペースで、なぜか不思議なほど、
あのカンカン照りの福岡の街で、強烈なインパクトがありました。

テント広場の皆さんや株主の会の皆さんもお疲れ様でした。
何から何まで準備していただいてありがとうございました。
7月12日(玄海原発3・4号機の申請)は、大分では 9:00~17:00 まで
いつものメンバーで要請・情宣行動をしました。

今は、サマータイムを取り入れて、①9:00~10:00 ②17:00~18:00 に時間を変更
しました。
できれば、誰がいてもいなくても、どなたでもマイプラカードを持って、
九電大分前に立つ人がいればと願っています。

<舩津康幸さんへ>
とても残念でたまりません。毎朝舩津さんの「おはようございます。」で、
私の九電への要請書書きが始まっていたからです。
私はいつも舩津さんのメールの情報に助けていただいていましたが、
でも相当ご無理をされていたのではないでしょうか。7月8日にお会いした時、
朝2時に起きて情報を集めてまとめられていた由伺って、本当に驚きました。
どうぞ呉々もお身体大事に。手術が無事に済みますように。
回復されたら、また私たちに情報を発信して下さいネ。2013年7月26日 

★ ハンナ&マイケル さんから:
25日の福岡市役所から春日市役所までの平和行進に参加しました。
23日に西区での行進に参加した横田さんの報告に、
若い人たちがたくさん参加しているとあったので、楽しみにしていたら、
こちらはもっぱらシニア集団。70過ぎの方々が炎天下、
黙々と歩く姿に心打たれました。
休憩地での差し入れの冷たいトマトは地獄で仏。
広島でトマトがもっと食べたいといいながら死んでいった女の子を描いた
名作絵本「まちんと」を思い出しながら、平和のありがたさをかみしめました。
こんな催しは、組織の団体がやっていることで、
自分には関係ないと思い込んでいたので、今回、個人参加できてとてもよかった
です。
テントを訪問した折にお誘いを受けなかったら、
ずっと他人事だったと思います。情報ありがとうございました。

★ 金子 譲 さんから:
【Kさんを支える会:Kさんが福岡拘置所に移監、面会と差し入れのガイドライン
が変更に】
7月25日朝9時に突然Kさんは東警察署から福岡拘置所への移監になり、
10時に彼女と面会する予定だった私たちは、急遽午後に福岡拘置所へと向かいま
した。
http://t.co/vY3dYLaaQ7

【Kさんを支える会:「Kさんの健康状態の早急な改善を求める請願書」への東署
の回答】
この回答自体は殆どなんの意味もないものですが、人間後ろめたいことがあれ
ば、過剰に防衛的になるものです。このことがこの事件の本質を表していますね。
http://samadi.cocolog-nifty.com/ksan/2013/07/716-8faa.html

★ 中西正之 さんから:
青柳行信 様
<②国会事故調報告書のチャイナ・シンドローム>に付いて報告します。
 国会事故調報告書のP131~P135にチャイナ・シンドロームが報告され
ています。

原子炉設備において発生する事故には、設計事故と設計外事故という分類がある。
設計外事故は過酷事故(シビアアクシデント)とも称されている。
過酷事故の中でもっとも代表的で、かつ炉心損傷に至らしめる発生頻度の高いも
のとして長年警戒対象だったのが、SBO{ステーションブラックアウト
(Station Blackout)の略。原子力施設における全電源喪失 状態。}
である。
したがって、SBOをめぐっては、海外に置いて過去に実施された膨大な研究成
果がある。
そのような研究成果の一つとして、米国NCR(米国原子力規制委員会)からの
委託によりオークリッジ国立研究所が実施し、昭和56(1981)年11月に
発行されたブラウンズ・フェリー原子力発電所1号機に対する解析書がある。
SBOの発生から後、炉心損傷、炉心溶融(メルトダウン)、原子炉圧力容器の
損傷(メルトスルー)、格納容器の損傷、格納容器底部のメルトスルー、原子炉
基礎版のメルトスルーという順に進んでいく。約14時間のうちに厚さ7mに及
ぶ原子炉建屋のコンクリート製基礎版も貫通してしまう。と報告されています。
www.tepco.co.jp/nu/f1-np/intro/outline/outline-j.html

福島第一原発の核燃料重量は1号炉69トン、2・3号炉94トンです。
我々が経験した、燃焼炉や電気炉で溶解された1600℃程度の鉄や1300℃程
度の銅は70トンから90トンも
の量が有れば、ひじように危険なもので、漏洩事故が有れば恐怖におびえます。
それが、強度の放射性を持ち、2800℃もの高温に成って、しかも自己発熱す
る溶融核燃料がどれほど恐ろしいかは想像に絶します。
しかも、一般の金属溶解炉は漏洩事故の対策がして有りますが、原子炉には漏洩
事故対策は全く行われていません。
9mの厚さのコンクリートでも2800℃の溶融核燃料が70トンから90トン
もあれば簡単に溶けてしまいます。
9mの厚さのコンクリートでも何の抵抗も無く、地中に潜ってしまい、何処で止
まるか判らない困難さを地球の反対側のチャイナ
までは行かないことは確かなので、顕した言葉がチャイナ・シンドロームです。
国会事故調報告書にちゃんと、チャイナ・シンドロームと書いてあります。

★ 谷口恭子@広島 さんから:
皆さまへ
ニュース動画の紹介です。
BBCのニュース。1分半です。
New worries for Fukushima workers(英BBC・動画 7/24)
福島第一原発3号機の湯気のBBC報道

http://www.bbc.co.uk/news/business-23429421
1分30秒ほどです。

こちらは7月24日の福島テレビのニュース。4分。
信じられないことが次々淡々と?報道されてます。
http://www.youtube.com/watch?v=RpY7KVr_7lg&feature=youtu.be

★ ギャー さんから:
黒田節子@ふくしま【転送】
カレンダー
福島の原発事故は終わってはいません。
健康被害(子どもの甲状腺ガンなど)、除染、被曝労働、廃棄物の焼却、避難の
権利・・・
福島を忘れないでください。
このカレンダーで「女たち」を支えてください。
*************
★福島おんなカレンダー 2014年版
(Fukushima Women’s Calender)

【ついに・・・女たちは立ち上がり、そして座り込む】

■ 頒価:1部1,000円+送料(10部以上は1部800円、送料無料) 
■ 発行:原発いらない福島の女たち(カレンダーチーム)
■ 制作協力:梨の木舎
<申込先>原発いらない福島の女たち:070-5018-7478(黒田)
梨の木舎:Mail nashinoki-sha@jca.apc.org
      Fax 03-3291-8090

★ 杉原浩司 さんから:
 ◆核燃料再処理施設などの「新規制基準」に関するパブコメ開始!
 8月15日が締切(全22日間)。声を届けよう!

ごぶさたしています。東京の杉原こうじ(福島原発事故緊急会議/緑の党
・脱原発担当)です。参院選は極めて厳しい結果でしたが、態勢を立て直
して、しぶとく頑張っていきます。

さて、原発再稼働に向けた動きが着々と進められる中、本日7月25日(木)
より8月15日(木)までの22日間、核燃料再処理施設などに関する「新規
制基準」案に対するパブリックコメント(意見募集)が行われています。

私もこれから資料を見て、勉強しながらパブコメを考えようと思っていま
す。ぜひ、忘れないように、しっかりと声を届けていきましょう!

☆「核燃料施設等に係る新規制基準骨子案」に対する意見募集について
(原子力規制委員会)
http://www.nsr.go.jp/public_comment/bosyu130724_1.html

【参考】
核燃施設、原発並みの地震・津波対策…新基準案(7/24、読売)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130724-OYT1T01169.htm?from=ylist

原発きほん知識「とめよう!六ヶ所再処理工場」(原子力資料情報室)
http://www.cnic.jp/knowledgeidx/rokkasho

<動画>
小出裕章ジャーナル 第26回(7/6)
「六ヶ所再処理工場について」
http://www.youtube.com/watch?v=Q2OqeIda7o8

<資料集>
「六ヶ所再処理工場と核拡散」(核情報)
http://kakujoho.net/rokkasho/

<書籍>
「最悪の核施設 六ヶ所再処理工場」
(小出裕章、明石昇二郎、渡辺満久/集英社新書)
http://amzn.to/12NAFZr

★ 木村幸雄 さんから:
番組情報です。
●NHK『かんさい熱視線』
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/nessisen/
 「それでも“在日”として生きる~朝鮮学校の1年~」
 中大阪朝鮮初級学校を1年間取材したドキュメンタリーが放送されます。
   日 時:7月26日(金)19:30~20:00

★ 坂井貴司で さんから:
● <猪飼野で生きてきた> 
 大阪市生野区は、かつて「猪飼野」と呼ばれました。ここは、日本で最も多く
の在日コリアンが密集して住む地区です。
 
 ヤン・ソギルの小説「血と骨」で描かれたように、日本の植民地支配下にあっ
た朝鮮、特にチェジュ島島民が、大正時代以降、雇用や教育の機会を求めて大阪
の「猪飼野」に移住しました。周囲の日本人の偏見と敵意に囲まれ、不当な差別
(賃金が日本人よりも安い)に苦しみ、貧しい生活に耐えながら、必死で生きま
した。満州事変、日中戦争、太平洋戦争、強制連行、大阪大空襲の苦難を経てか
ら、日本敗戦によって自由を得ました。しかし、祖国分断、日本国籍剥奪、4.
28事件、朝鮮戦争の荒波が押し寄せ、その度に在日コリアンは翻弄されました。

 それでも「猪飼野」の在日コリアンは、阪神教育闘争などを戦い、民族教育を
確立し、必死に働いて生きました。
 ことあるごとに日本社会からヨソ者扱いされてきた「猪飼野」の在日コリアン
の65年にわたる歩みを、関係者が証言します。
NHK教育「日本人は何をめざしてきたのか」4回 猪飼野 在日コリアンの軌跡
http://www.nhk.or.jp/postwar/schedule/schedule.html

放送日:7月27日放送時間:午後11時~翌0時30分

● 右翼や「自主規制」の攻撃に遭いながらも、累計一千万部が売れた漫画『は
だしのゲン』。原爆の悲酸さを徹底的にリアルに描いたことで圧倒的な支持を得
ました。
 『ゲン』は今、国境を越え、世界中で読まれています。
アメリカの学校では歴史教材として『ゲン』を使う所があります。国民に大多
数が核武装を支持するイランでは、『ゲン』のペルシャ語版が出版されました。
 世界で最も読まれる漫画となった『ゲン』の今を伝えます。

 NHK総合 クローズアップ現代「はだしのゲン 世界へ」
http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/

放送日:7月30日放送時間:19時30分~19時56分 
再放送:午前0時10分~午前0時36分

● 桶川ストーカー事件で、警察のいい加減な対応を暴露したテレビ朝日の「ザ・
スクープ」が、原爆と原発に関する日米両政府の不透明なつながりを明らかにし
ます。日本の原子力政策は、常にアメリカの核戦略の下にあったことを、関係者
の証言で明らかにします。
 
 テレビ朝日 「ザ・スクープ」
  原発と原爆~日本の原子力とアメリカの影
 http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/index.html 
 
 放送日:8月11日 放送時間:13時55分~15時20分

○----------集会等のお知らせ----------○

●「さよなら原発!11・10九州集会」(仮称)●
    第3回実行委員会準備会
日 時:7月27日(土)14時より 
場 所:カテドラル・センター 4F
    福岡市中央区大名2-7-7 (西鉄グランドホテル前)
   地図はこちら →http://tinyurl.com/ngbbyoq

● 原発なくそう!九州玄海訴訟・風船プロジェクト第3弾参加募集中●
http://genkai-balloonpro.jimdo.com/
7月28日(日)13時30分~佐賀県鎮西町・海のトリム公園
「九州川内訴訟」団と同日同時刻に飛ばします!

■ 8月1日(木)15時~「さよなら原発!福岡」事務局会議
 テント広場
■ 8月6日(火)18時30分~「さよなら原発!福岡」例会
 福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
  第6回口頭弁論期日 9月27日(金)14:00 佐賀地裁
午後12時30分に佐賀県弁護士会館に集合
原告総数 原告総数  6473名(7/25現在)
  ホームページ: http://no-genpatsu.main.jp/index.html

○--------------------------------○
★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆
午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
<facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi@r8.dion.ne.jp
************************
スポンサーサイト





修の呟き


<<2013年度JCJ賞の贈賞式について | ホームへ | ☆原発とめよう!九電本店前ひろば第827日目報告☆>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/910-38df255f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)