修の呟き

リニア新幹線のルート上で高放射線値を計測!

杉野です。
http://wpb.shueisha.co.jp/2016/05/07/64560/
リニア新幹線のルート上で高放射線値を計測! 大量のウラン残土をJR東海は「前提にしていません」
[2016年05月07日]
今回、岐阜県・東濃地区のリニア新幹線ルート上で放射線値を測定した結果、6地点で高い数値を計測した
2027年に品川―名古屋間での開業を目指して着工されたリニア中央新幹線。 


今回、岐阜県・東濃地区のリニア新幹線ルート上で放射線値を測定した結果、6地点で高い数値を計測した
2027年に品川―名古屋間での開業を目指して着工されたリニア中央新幹線。 
その地下走行ルート上にある岐阜県東濃(とうのう)地区には、実は日本屈指のウラン(放射性物質)鉱床が存在。もしリニアのトンネル工事が大きなウラン鉱床にぶつかってしまったら、当然、大量のウラン残土が出て、そこから肺がんを引き起こすラドンガスが放出されることになる。 
だが、これまでJR東海は現地のボーリング調査をほとんど行なっていないことを前編記事で伝えた(参照「リニア新幹線のルート上に潜む日本屈指のウラン鉱床…放射能拡散の恐れにJR東海は対策逃れ?」)。
そうした事態を懸念する市民団体が今年2月と3月、ルート上の放射線値を測定したところ、驚くべき数字がーー。
***
リニア建設問題に取り組む愛知県の市民団体「春日井リニアを問う会」の代表、川本正彦さんは岐阜県、愛知県、長野県でリニア建設問題に取り組む各市民団体に呼びかけ、2月16日にリニアルート上での放射線測定を実施した。
岐阜県東濃地区で長年活動を続ける市民団体「多治見を放射能から守ろう! 市民の会」の代表、井上敏夫さんは13年9月のリニアのルート公表を受け、同年12月にリニアのルート上など周辺での放射線測定をひとりで行なっている。その際、品川駅から245kmの地点(岐阜県御嵩<みたけ>町)で、最も高い数値(0.251マイクロシーベルト)を計測したという。
そこで今回も、井上さん含めた総勢13人は、まず245km地点に向かった。
「放射線は、最低10分間は測るべき」
そう語る井上さんがアメリカ製の測定器「Inspector」を地面にかざすと、時間の経過とともに測定値は上下しながら上昇。やがて最高値0.341マイクロシーベルトを計測した。
原子力規制委員会のホームページ「放射線モニタリング情報」によれば、福島第一原発事故の影響を受けている地域を除き、日本の多くの地域の空間線量は毎時0.05マイクロシーベルト以下。「ウラン鉱床のある東濃地区ではもともと放射線量が高く、通常時でも毎時0.1マイクロシーベルト前後ある」(井上さん)というが、それでも245㎞地点は、日本各地での7倍以上、東濃地区に限っても3倍半も高い。
その後、245km地点以外でも計測を行なったが、東濃地区最大のウラン鉱床「月吉鉱床」周辺の4ヵ所はいずれも0.3マイクロシーベルト以下。つまり、実際にウランを掘り起こした鉱床上よりもリニアルート上のほうが高い数値を示していた。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/02(日) 17:47:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会メールニュース 2017年7月3日発行(2017年第27号) | ホーム | 演劇企画フライウェイ第5回公演 朗読版 有明をわたる翼 のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/9143-315350b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8296)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる