修の呟き

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会メールニュース 2017年7月3日発行(2017年第27号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
メールニュース      2017年7月3日発行(2017年第27号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールニュースは会員の皆様、ご縁のあった皆様にお送りしています。
 配信停止希望の方はお手数ですが、ご連絡ください。
■CONTENTS
【1】7/7東京報告会「玄海原発を止めよう!~私たちにできること」
【2】「カンパからの200円」~やむにやまれず裁判に至った私たち
【3】福島原発刑事訴訟に注目を!
【4】9月3・4日「玄海原子力総合防災訓練」監視行動へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】7/7東京報告会「玄海原発を止めよう!~私たちにできること」
7月7日に東京で玄海の現状を報告する機会をいただきました。
首都圏のみなさま、ぜひご参加ください。
**********************************************
緊急報告会「玄海原発を止めよう!~私たちにできること」(7/7)
http://www.foejapan.org/energy/evt/170707.html
https://www.facebook.com/events/1351557728254712/?active_tab=about
年内にも再稼働が迫っている九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)。
原発30キロ圏内の8市町のうち、伊万里市、長崎県壱岐市、平戸市、松浦市の4人の市長が避難計画への懸念などを表明しています。
住民の多くの懸念や反対の声をよそに、この4月、県知事は再稼働に同意。
「再稼働差し止め」の仮処分申し立ても却下されてしまいました。
このたび、「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の永野浩二さんをお招きし、最新情報を報告していただきます。
ぜひ、ご参加ください。
日時 2017年7月7日(金)15:00~17:00
会場 東京ボランティアセンター会議室A(飯田橋駅セントラルプラザ10階)
  (定員:40名)
内容 ゲスト/永野浩二さん(玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会)
  ・知事同意の動き・周辺自治体は?・、避難計画・再稼働差し止めなど…ざっくばらんに
参加費 500円  (カンパ歓迎)
申込み 不要
主催 FoE Japan / 原子力規制を監視する市民の会
問合せ 国際環境 NGO FoE Japan
Tel : 03-6909-5983 Fax : 03-6909-5986 E-mail: info@foejapan.org
**********************************************

【2】「カンパからの200円」~やむにやまれず裁判に至った私たち
<毎日新聞2017年6月26日 カンパからの200円 /佐賀>
仮処分決定日の5日前の、佐賀市内の公民館。
「クーラー、100円ね」とコインをメンバーにわたす初美代表。
--やむにやまれず裁判までせざるを得なかった市民の活動の一端を毎日新聞が記事にしてくれました。
「本当はですね、『危ないよ』というだけで、『嫌だよ』というだけでいいはずなんです。」
◆続きはコチラから→
https://mainichi.jp/articles/20170626/ddl/k41/010/320000c

【3】福島原発刑事訴訟に注目を!
6月30日、東京電力福島第一原子力発電所の事故を起こし被害を拡大させた勝俣元東電会長ら3名の責任を裁く刑事裁判の初公判が東京地裁で開かれました。
2012年6月に告訴に立ち上がった1324人の福島の人々に続き、2013年11月には全国13,262人が告訴人となり怒りの声を上げました。
検察庁が被告訴人全員を不起訴とするも、市民からなる検察審査会は起訴議決を行い、強制起訴へ。
告訴・告発してから5年、事故発生から6年経って、やっとスタートしたのです。
指定弁護士による冒頭陳述の冒頭部分に裁判の意義が以下のように書かれています。
*************************************
1.問われているもの
人間は、自然を支配できません。
私たちは、地震や津波が、いつ、どこで、どれくらいの大きさで起こるのかを、事前に正確に予知することは適いません。
だから、しかたなかったのか。
被告人らは、原子力発電所を設置・運転する事業者を統轄するものとして、その注意義務を尽くしたのか。
被告人らが、注意義務を尽くしていれば、今回の原子力事故は回避できたのではないか。
それが、この裁判で問われています。
*************************************
注目していきましょう。
詳細やこれまでの経緯は下記をご覧ください。
◆福島第一原発告訴団
http://kokuso-fukusimagenpatu.blogspot.jp/
◆福島原発刑事訴訟支援団
https://shien-dan.org/
◆NHK「詳報 東電刑事裁判~原発事故の真相は」
https://www3.nhk.or.jp/news/special/toudensaiban/
 ※告訴団の海渡雄一弁護士も「客観的」だと評価されているNHKの特設ページです
支援団では、支援者(一人1000円から)も募っていますので、ご協力ください。

【4】9月3・4日「玄海原子力総合防災訓練」監視行動へ
原子力総合防災訓練を9月3、4日に実施する方向で政府が調整していることが分かりました。
http://www.saga-s.co.jp/column/genkai_pluthermal/20201/44186
例年10~11月に行っていた原子力防災・避難訓練。今年は「再稼働」前にするためなのか、9月初旬に政府が開催するようです。
避難計画の実態を具体的に知り、再稼働阻止の世論をつくるためにも、みんなで監視行動にいきましょう。
8月下旬には学習会も開きたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆今後の裁判日程 傍聴と報告集会への参加をお願いします。
7月28日(金)14:00~全基差止第22回口頭弁論 記者会見・報告集会:勧興公民館
9月8日(金)10:00~17:00 全基差止第23回口頭弁論(証人尋問)
9月15日(金)14:00~行政訴訟第15回口頭弁論
12月1日(金)14:00~行政第16回口頭弁論
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会★
〒840-0844 佐賀県佐賀市伊勢町2-14
TEL:0952-37-9212 FAX:0952-37-9213
E-mail:saiban.jimukyoku@gmail.com
http://saga-genkai.jimdo.com/
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
  1. 2017/07/02(日) 20:27:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/02のツイートまとめ | ホーム | リニア新幹線のルート上で高放射線値を計測! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/9144-b4762d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9415)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる