修の呟き

■日銀の「出口」、ゴーストバスターズの危機感 原真人(波聞風問)

朝日新聞デジタル より
■日銀の「出口」、ゴーストバスターズの危機感 原真人(波聞風問)
1匹の妖怪が欧州を徘徊(はいかい)している。共産主義という妖怪が――。「共産党宣言」にそう書いたのはマルクスとエンゲルスである。彼らがいまの日本経済を見たら何と言うだろうか。「異次元緩和と財政赤字という2匹の妖怪」とでも形容するのではないか。こちらの妖怪は驚くべきスピードで巨大化している。……
http://news.asahi.com/c/aj5NeP1Mo91u3Par
スポンサーサイト
  1. 2017/07/04(火) 20:02:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■右派の改憲 今なぜ「反体制」なのか 歴史社会学者・小熊英二(論壇時評) | ホーム | ■自衛隊、変わる受け止め方 「日陰者」から大震災通して「最後のとりで」に(憲法を考える)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/9215-6b6a973c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9333)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる