修の呟き

玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会メールニュース 2017年7月29日発行(2017年第30号)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
メールニュース      2017年7月29日発行(2017年第30号)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールニュースは会員の皆様、ご縁のあった皆様にお送りしています。
 配信停止希望の方はお手数ですが、ご連絡ください。
■CONTENTS
【1】「ウソをつかない」との知事との約束を早くも反故に!
   火山灰濃度の規制も社内規則ですり抜け?~九電交渉報告
【2】「要援護者の避難、考えれば考えるほど不安に」~民生委員の経験から意見陳述
   全基差止裁判第22回口頭弁論報告
【3】8/7政府交渉:原発の火山灰濃度基準100倍に!直ちに停止を!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「ウソをつかない」との知事との約束を早くも反故に!
   火山灰濃度の規制も社内規則ですり抜け?~九電交渉報告
7月26日、私たち玄海裁判の会など12団体は九州電力本店と交渉を行いました。
昨年12月14日の前回交渉以来、回答の場を待たされ続け、知事同意後最初の交渉となった今回、九電に対して、「民意を受け止めよ!審査と避難計画に欠陥ある玄海原発を動かしてはならない」と再稼働中止をあらためて求めました。6項目の質問(25細目)もあわせて突き付けました。
質疑を通じて、九電自らが謳う「コンプライアンス(法令順守)」はどこへやら、住民の安全・安心を蔑ろにし、理解も得られていないのに再稼働をますます強引に進める経営最優先の姿勢が次々と露わになりました。
(1)社長指示「コンプライアンスカード携帯」が守られず=知事との約束が破られた!
(2)火山灰評価濃度100倍問題、"社内規定"で規制すり抜け?
・・・詳細はコチラから→
https://saga-genkai.jimdo.com/2017/07/27/a/

【2】「要援護者の避難、考えれば考えるほど不安に」~民生委員の経験から意見陳述
   全基差止裁判第22回口頭弁論報告
7月28日、玄海全基差止裁判第22回口頭弁論が開かれました。
36度の猛暑の中でしたが、地裁に駆けつけた仲間とともに門前で短時間アピール行動を行ってから入廷しました。
今回は福岡市の原告、松尾邦子さんが意見陳述を行いました。
松尾さんは民生委員として日々町内を見回ってきた経験から、様々な病気などを抱えている地域の要援護者の置かれた状況を克明に触れながら、「原発事故が起きたら「誰のどんな協力の下でどうやって助けるかと、考えれば考えるほど不安になりました」と話し、子ども達や社会的弱者の生存権を脅かす原発再稼働の中止を訴えました。立川毅裁判長らには判断を下す大前提として、心の中に刻み付けてほしいと思います。
要援護者避難の困難さは最も酷い人権侵害の一つ。避難訓練などの際にも私達もしっかり見て、感じ、それを自治体への要請行動などにつなげていきましょう。
◆意見陳述全文はコチラから→
https://saga-genkai.jimdo.com/2017/07/29/a/
次回9月8日(金)の弁論では原告側から小山英之さん(美浜の会代表)、被告側から九電社員2人が証人として証人尋問が行われることが正式に決まりました。10時~17時まで丸一日かけて、基準地震動や配管損傷問題などについての尋問が行われます。
裁判も大詰めを迎えています。良心ある司法判断を後押しするためにも、傍聴をよろしくお願いいたします。
★今後の裁判日程
9月8日(金)10:00~全基差止第23回口頭弁論(証人尋問)
9月15日(金)14:00~行政訴訟第15回口頭弁論
12月1日(金)14:00~行政訴訟第16回口頭弁論

【3】8/7政府交渉:原発の火山灰濃度基準100倍に!直ちに停止を!
<政府交渉>8/7(月)14時@参議院議員会館
原発の火山灰濃度基準100倍に!直ちに停止を!
http://kiseikanshi.main.jp/2017/07/28/9999/
原子力規制委員会は、非常用ディーゼル発電機のフィルター目詰まりの評価で用いられている火山灰濃度が現実に合わないことから、検討を重ねた結果、7月19日の会合で100倍規模に引き上げる方針を決めました。
稼働中の川内、高浜、伊方原発や許可済みの玄海、大飯、美浜原発は、いずれも、新しい基準の要求を満たしておらず、危険な状態にあります。いま火山噴火があれば、非常用ディーゼル発電機が2台とも倒れ、全電源喪失に至るおそれがあります。玄海、大飯原発は再稼働が迫っていますが、規制委は止めようとしません。
危険で基準違反状態にある原発を直ちに止め、許可を取り消し、再稼働を認めないよう求めて規制庁交渉を行います。どなたでもご参加いただけます。九州や関西など、稼働中や再稼働が問題になっている原発を抱える地域からも参加の予定です。ぜひご参加ください。
日時:8月7日(月)13:30~参議院議員会館ロビーにて通行証配布
  14:00~15:30 院内集会
  15:30~17:00 政府交渉(相手方:原子力規制庁/調整中)
場所:参議院議員会館B109(地下鉄永田町駅/国会議事堂前駅)
主催:川内原発30キロ圏住民ネットワーク/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーンピースジャパン/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会 他調整中
問合せ:090-8116-7155 阪上まで/資料代:500円
◆FFTV(インターネット放送)の解説も是非ご覧ください。
https://youtu.be/t16rOVlacuM

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆裁判日程 傍聴と報告集会への参加をお願いします。
9月8日(金)10:00~17:00 全基差止第23回口頭弁論(証人尋問)
9月15日(金)14:00~行政訴訟第15回口頭弁論
12月1日(金)14:00~行政第16回口頭弁論
◆9月3・4日「玄海原子力総合防災訓練」監視行動
 事前学習会(8/25福岡ふくふくプラザ/唐津でも調整中)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆会費納入とカンパをよろしくお願いいたします◆
裁判は長期戦覚悟。みなさまからのご支援で成り立っています。
支える会 年会費5000円  サポーター年会費1口1000円~
ゆうちょ銀行 口座記号番号 01790-3-136810
       口座名称   玄海原発プルサーマル裁判を支える会
他行よりお振込の場合 店名 一七九(イチナナキュウ)店(179)
           預金種目 当座 口座番号 0136810
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会★
〒840-0844 佐賀県佐賀市伊勢町2-14
TEL:0952-37-9212 FAX:0952-37-9213
E-mail:saiban.jimukyoku@gmail.com
http://saga-genkai.jimdo.com/
http://www.facebook.com/genkai.genpatsu
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト
  1. 2017/07/30(日) 10:13:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生命・脱核シルクロード巡礼団は7月25~27日香港を巡りました | ホーム | 07/29のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/9748-106714dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (9807)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる