修の呟き

OECD SERENA 2004年報告書4 <各国の研究機関のタスク1の要旨報告2>

【報告】第2296日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★より
★ 中西正之 さんから:
OECD SERENA 2004年報告書4 <各国の研究機関のタスク1の要旨報告2>

 各国の研究機関のタスク1の要旨報告の四番目にドイツのシュトゥットガルト
大学の報告が掲載されています。
この報告は、世界各国の水蒸気爆発の実験と研究の報告が詳しく検討されていま
す。
この時点では、OECD SERENAプロジェクトのような国際のプロジェクトが無くて、
それぞれ独自の研究機関が水蒸気爆発の実験と研究を行っており、詳しい報告も
行われていないものも有ったようです。
 シュトゥットガルト大学の研究組織は、各国の水蒸気爆発の実験と研究をかな
り詳しく調査していたようで、それぞれの報告をかなり厳しい目で見ているよう
です。
 このような状態から、OECD SERENAプロジェクトが生まれた事がよく分かる報
告です。
この報告は非常に重要な提起がたくさん有るようです。溶融デブリが水中に落下
した時、溶融デブリは粒状になって水中に拡散しますが、その時大量のボイド
(蒸気の泡)が発生します。このボイドは水蒸気爆発の発生時、圧力波の伝播を
阻害し、又水蒸気爆発の衝撃のクッションとなり、水蒸気爆発の衝撃力を弱くし
ます。この報告は、このような水準の高い実験と解析の重要性も提起しています。
 加圧水型原発を所有する4電力会社と原子力規制委員会が、UO2を含む疑似デ
ブリを使用した実験で、外部トリガーが無い場合、水蒸気爆発が起きる起きない、
の論議だけに終わっているのとは、全く水準が違うようです。
各国の研究機関のタスク1の要旨報告の五番目に日本の日本原子力研究開発機構
(JAERI)の報告が掲載されています。
 この報告は2002年2月22日にOECD SERENAプロジェクトに提出されています。こ
の時期は、福島第一原発の過酷事故の発生よりも9年前であり、日本の原発には
メルトダウンは起こり得ないとの安全神話が行き渡っていた時期ですが、日本で
も水蒸気爆発対策の問題を研究している事が報告されています。
 はじめに、「日本では、2000年10月現在、23台のPWR、Mk-I CV付きBWR 15台、
Mk-II CV 11台、ABWR 2台が運用されています」という日本の原発の実情を、
OECD SERENAプロジェクトに報告しています。
 そして、BWR Mk-IIプラントは、原子炉圧力容器の下に大量の水を蓄えた圧力
制御室があり、メルトダウンが起きて原子炉容器から大量の溶融デブリがペデス
タルに落下し、ペデスタルの底のコンクリートを溶かして、その下部の大量の水
を蓄えた圧力制御室に落下すると大水蒸気爆発が起きる可能性が有り、日本でも
水蒸気爆発の実験と研究は重要と説明しています。
 日本原子力研究開発機構(JAERI)は統合シビアアクシデントコードTHALES-2
を開発しており、日本の原発の水蒸気爆発問題の検討を行っていると報告してい
ます。
 そして、BWR Mk-IIプラントの水蒸気爆発のシミュレーション結果を報告して
います。
その後で、日本原子力研究開発機構(JAERI)が世界各国の研究機関の水蒸気爆
発の実験と研究の報告を参考にしているものの紹介が報告されています。
 日本国内で、原子力の安全神話が猛威を振るっていた中で、水蒸気爆発の実験
と研究を行い、OECD SERENAプロジェクトに参加したことはほめられて良い事だ
と思われます。
 しかし、第一から第四の報告に比べて、実験と研究の水準がかなり低いように
思われます。
 このことが、日本の新規制基準の策定時、水蒸気爆発対策が全くと言っていい
ほど採用されなかった遠因になったように思われます。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/02(水) 07:57:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<*<米スキャナ電力>原発断念 建設費に住民不満で訴訟リスク | ホーム | 2017年8月1日(火)地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osariki.blog.fc2.com/tb.php/9801-3fcee4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

平和な有明海

Author:平和な有明海
修の呟きにようこそ!
佐賀市在住です。平和や障がい者、有明海問題に強い関心を持っています。1950年生まれ。戦争法廃止、原発廃止、有明海再生、障害者と共生できる社会づくりを目指します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8748)

ようこそ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる